ちょっとスローダウン

写真洗浄に来られる方は皆とても熱心。いくら休憩と呼びかけても一心不乱に作業を続けてなかなか手を休めようとはしません。昨日も11時のコーヒーブレイクの時にいつもの集合写真を撮るとゆっくりする間もなくすぐに洗浄に取り組んでおられます。ついついそのペースに引き込まれて私自身も知らず知らずにオーバーペースになってがむしゃらに写真を処理しているのではと反省しています。いつも皆さんには写真洗浄にはノルマもないし効率を重視する必要もないですよって呼びかけているくせに。

写真を一枚一枚丁寧に洗浄して思い出の品物を被災された方々のもとで返すことに少しでもお役に立つことがこのプロジェクトの第一の目的です。それと同時に、もしかしたらもっと大事な事、名取市の「ゆりあげ思いで探し隊」の新井さんのおっしゃる「つながる」ということではないかと思います。遠く離れた福岡の我々と被災された方々と気持ちがつながることです。私も新井さんの考えに賛同します。そして寄り添う気持ちを少しでも持とうと頑張っています。

私たちは一枚一枚のプライベートな写真を見ながら、そこに写った人たちのこと、無事だったろうか?今もお元気だろうか?この写真が持ち主の方へ戻ればいいね、といったことを思いながら作業を進めています。そして作業をすれば技術的にもジレンマに直面します。洗えば洗うほど画像が流れてしまう、だけど汚れやカビを除去して損傷部分を綺麗にしないと損傷が進行する。どの程度まで洗っていいものなのか?出来るだけお顔の画像は残したい。いろんな悩みを持ちながらも技術的に難しい問題にもなんとかその場で解決しながら写真を洗います。私個人としては、参加された皆様が写真洗浄を通じていろんなことを考えたり感じたりすることも大切なプロセスだと思っています。そして参加された皆様が写真洗浄のために費やしていただいた1日を振り返り感想や意見を仲間とお話して共有する機会を作りたいと思いました。それが今回2月13日の洗浄会から提案した16時のミーティングです。この時間までに作業はほぼ終了して、班ごとに1日を振り返る時間をもちましょう。参加した人は一人一言、感想でも、建設的な指摘でも何でも好きな事をコーヒー片手に話してください。班長さんには司会役をお願いします。

作業に追われてバタバタするよりちょっとスローダウンしてみましょう。気分を変えて皆様がボランティア活動に捧げてくれた貴重な1日を振りかえってみませんか。今作業をしている陸前高田のアルバムはあと一箱分です。このあとさらに洗浄するアルバムがあるかどうか分かりません。その意味でもこの活動が続けられることに感謝しつつ終わりがそう遠くない時期に来ることを頭に入れて残りの活動に取り組みたいと思います。もちろん、われわれは被災地のどこかに最後の一枚まで洗う写真があるかぎり活動を続けるつもりです。(文責:別府史士)

ボランティアの仲間たち@旧冷泉小体育館

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中